yuhisoshireBLOG

PAPA's Cafe

パパのパパによるパパの為にもなる雑記ブログです。

【Shinobiライティング】タイムテーブルを活用してポイントを大量に獲得しよう

前回、紹介したShinobiライティング

私的には、かなり優秀なライティングサイトであると思っています。

前記事でも言いましたが、初心者さんにとても優しいんですよね。

yuhisoshire.hatenablog.com


私も立派な初心者な訳ですが、利用を続けているのはタイムテーブルによるポイントの増加があるからなんです。

これがなかったら、正直Shinobiライティングでなくてもいっかなってぐらい重要なやつです。

ライティングサイトの有名な所で言えば、crowd·repo·sagooワークス等あります。

案件の報酬額自体は、どれも大差はありません。

※sagooワークスプラチナを除く

Shinobiライティングも例外ではありませんが、タイムテーブルによるポイント増加がある事で、他のライティングサイトより報酬額を飛躍的に上げることができます。

今回は、Shinobiライティングでこれから副業をしてみよっかなって方に、タイムテーブルの仕様と活用法を、解説した記事になってます。

副業をするなら、少しでも多く収入を得たいですもんね。


タイムテーブルとは?

Shinobiライティングのタイムテーブル制度。

登録している人は、トップページにデカデカと表示されているので知っているかと思います。

もし、知らない人や活用していない人がいれば、ちょっともったいないですよ。汗

f:id:yuhisoshire:20180402100752j:plain

タイムテーブルを上手く活用すれば、案件の報酬額+αのボーナスが獲得できるので、他のサイトと一緒の記事数でも、多くの収入が見込めますよ。

まず、タイムテーブルとは?

指定時間内に投稿し、採用された記事に対しボーナスが発生する仕様です。

対象の時間は、

  • 第1回 10時〜12時
  • 第2回 14時〜16時
  • 第3回 18時〜20時
  • 第4回 22時〜24時

に、なっています。

この計4回の時間内に採用された記事に対しボーナス発生します。

ボーナスの内訳は、

  • 第1回 0%
  • 第2回 5%
  • 第3回 10%
  • 第4回 15%

です。

例えば、第1回〜4回までの時間に、200円の案件を1件づつ投稿し採用されれば、

200円×4回×15%=120円

になり、120円分のボーナスポイントが支給されます。

仮に、毎日120円のボーナスを一ヶ月維持できれば、

120円×30日=3600円

になりますね。

3600円分の記事を書くのって結構大変です。汗

200円の案件だったら18件分ですからね。

この、4回の時間に確実に作業できる方は、限られると思いますが、作業環境が整っている方は、この時間帯での利用が猛烈におすすめです。

注意点

タイムテーブル利用の際の、注意点がいくつかあります。

まず、時間指定がある事。

上記の時間内に記事を書いていても、投稿完了していて採用にならないと、ボーナスポイントが支給されません。

必ず、時間内に投稿完了する様にしましょう。

次に、ボーナスポイントが貰える案件数。

タイムテーブルによるボーナスポイントは、指定時間内に投稿して採用された最初の1件が対象になります。

時間内に、何件も投稿してもボーナスポイントの対象になるのは、4回の内の最初の1件だけです。
なので、最大で4件になるので注意が必要です。

タイムテーブル攻略法

このタイムテーブルの仕様を見ると、攻略法が見えてきますね。

  • 指定時間内に投稿する(できれば4回全部)
  • 4テーブルの最初の記事は、なるべくポイントの高い記事を選ぶ

言うまでもなく、テーブルの指定時間に投稿をしないとボーナスポイントは貰えませんね。

次のb>ポイントの高い記事を選ぶってのは、凄く重要です。

上記の例では、200円の案件での検証でしたが、300円の案件になるだけで、

300円×4回×15%×30日=5400円
 
になります。
この差って大きいですよね。
 
少しでも、高ポイントの案件を選択してくださいね。 

私の活用法

私は、本業しながらの利用なので、タイムテーブルをフル活用はできていません。

サラリーマンのパパ方は、みんな私の様な感じかと思います。  

そこで、少しでもタイムテーブルを使う為にとった策は、時間が無いときは少額案件をこなす様にしました。

仕事の休憩時間に書ける文字数って、リサーチも含めると多くはありません。汗

なので、10分等の少ない時間は、アンケート案件や100文字等の即、書ける案件を利用し、昼休みや帰宅後の少し時間が取れる時に、長文の案件をこなす様にしました。

4テーブルの内の2〜3テーブルは、15%アップをもらう為に、報酬額は無視しています。

1〜2テーブルでも、高ポイント案件を執筆すれば15%の恩恵で、報酬の底上げができますからね。

サラリーマンパパが活用するなら、この様な活用法が大きな負担もない為、良いかと思いますよ。

まとめ

Shinobiライティングのタイムテーブル制度は、マル無視せず少しでも、活用する事をおすすめします。

4テーブル全て投稿できないにしても、2回で5%、3回で10%のボーナスなので、指定時間外で一生懸命頑張るより、遥かに効率が良いものになりますよ。

本業の仕事をこなしながら、副業で収入を得るというのは大変な事です。

タイムテーブルを上手く活用して、少しでも効率的にライティングしてみてはいかがでしょうか。

【公式】Shinobiライティング